タブレッドを持っている女性

名刺の電子化

パソコン

会社内の名刺の管理について専用ソフトなどを導入し、社内で効率良く顧客の情報を共有するという会社が増えてきています。以前は、顧客と交換した名刺は担当の営業マンが持っていて、必要に応じて社員同士でやり取りをするという状況が一般的でした。しかし、近年は名刺のスキャンやソフトが手頃な価格で手に入るようになり、積極的に名刺電子化が進んでいるようです。 名刺電子化を進めることにより、顧客情報を一元管理することができるようになります。営業マンが手に入れたい情報にすばやくアクセスできることにより、業務の効率も良くなります。最近は会社名や名前だけでなく、色々な条件で電子化したデータを検索できる機能を備えたソフトもあり、とても実用的です。

手軽に名刺電子化を実現するためには、専用のソフトとスキャナを購入する方法があります。どちらも家電量販店で売られていますし、インターネットの通販で購入するも可能です。1台のパソコンだけで利用するソフトもあれば、複数台のパソコンでデータを共有することができるソフトもあります。運用方法によって適切なソフトを選びましょう。 また、最近は名刺のスキャンから全て委託できるサービスも存在します。名刺をその会社にまとめて送れば、全て電子化してインターネット上でデータを確認することができます。このようなサービスは1枚単位で費用が発生します。名刺電子化に掛かるコストを計算して、お得であれば積極的に活用してみてください。